一般内科、漢方薬

 ホーム > 一般内科、漢方薬

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

一般内科、漢方薬

一般内科における漢方治療

漢方医学は、全身のバランスを整え、人が本来持っている病気を治そうとする力(自然治癒力)を最大限に引き出してあげようとする医学です。 したがって、さまざまな疾患に有効なだけでなく、検査上異常がなくても、愁訴を「気のせい」、「異常なし」とは考えず、全身のバランスを崩したために生まれた症状と捉えるわけです。
現代医学と漢方医学が互いにその長所を活かしていくことで、さらに効果的な治療が可能だというわけです。

しかし、漢方薬が実力を発揮するのはやはり風邪でしょう。インフルエンザについては迅速診断キットの普及や抗ウイルス薬の登場により、インフルエンザの治療は大きく変わってきました。 しかし、抗ウイルス薬の副作用から、漢方薬による治療にも注目が集まっています。

インフルエンザに効果がある漢方薬としてまず名前が挙がるのは麻黄湯です。麻黄湯は、麻黄を含む典型的な漢方薬ですから体のがっちりした人向けです。 ところが、通常は麻黄湯を飲んで動悸やむかつきが発現する人も、インフルエンザのときは麻黄湯で通常は問題ありません。

また、漢方はインフルエンザの予防にも有用です。風邪には体格に応じて麻黄湯、葛根湯、麻黄附子細辛湯、小青竜湯などを処方します。 インフルエンザに対する麻黄湯投与の際と同じく、体格や汗の有無、空咳か湿った咳か等患者さんそれぞれで処方は変わってきます。

当院では、急性期・慢性期を問わず、必要に応じて漢方薬(医療用エキス製剤)による治療を行っております。