脳震盪 | なかよし脳神経クリニック|福岡県 新宮

院長ブログ

 ホーム  > 院長ブログ  >  脳震盪

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

院長ブログ

脳震盪

2014.12.01

 

脳震盪とは頭部外傷の分類のなかで、びまん性脳損傷のなかで一番軽傷の状態に位置する状態です。

しかし、昨今の学校での柔道練習中での死亡や先日のスケートの羽生の事故など一見軽度の頭部打撲だけのように見えて広範な脳のダメージを来している可能性のある怖い状態なのです。

 

今回、日本脳神経外科学会と日本脳神経外傷学会から「スポーツによる脳損傷を予防するための提言」

というのが公表されました。みなさんも注意しておくべき内容ですので、載せておきます。

 

注意する5項目

(1)スポーツによる脳震盪は、意識障害や健忘がなく、頭痛や気分不良などだけのこともある

(2)スポーツによる脳震盪の症状は、短時間で消失することが多いが、数週間以上継続することもある

(3)スポーツによる脳震盪は、そのまま競技・練習を続けると、これを何度も繰り返し、急激な脳腫脹や急性硬膜下血腫など、

致命的な脳損傷を起こすことがある

(4)そのため、スポーツによる脳震盪を起こしたら、原則として、ただちに競技・練習への参加を停止し、競技・練習への復帰

は、脳震盪の症状が完全に消失してから徐々に行う

(5)脳損傷や硬膜下血腫が生じたときには、原則としてコンタクト・スポーツへの競技・練習に復帰すべきではない。

 

ただし(5)「医師は患者ならびに関係者の行動を規制することはできない」との考えから、医学的には復帰すべきではないものの、最終的にはプロスポーツ選手などの復帰については、その競技団体や個人の判断になるというスタンスだという。

 

頭を打った後に気分不良があれば、まず、専門医療機関を受診することが大切です。