院長ブログ

 ホーム  > 院長ブログ  >  脳震盪、その2

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

院長ブログ

脳震盪、その2

2014.12.06

前回の脳震盪のブログの最後に、脳震盪を起こした選手の競技や練習への復帰について

「医師は患者ならびに関係者の行動を規制することはできない」という考えから最終的には起競技団体や個人にその判断は委ねると書きました。

 

しかし、その判断はなかなか難しいのが現状です。

ちょうど、脳神経外科の専門誌に競技復帰の基準として指針が示されていました。

競技復帰の判断の参考になるので紹介します。

 

「脳震盪事例の競技復帰」

 

脳震盪と診断されたら同日の競技参加は控えるべきで、症状が消失した後も段階的復帰プログラムに従い徐々に負荷をかけていくべきである。(通常6段階)

 

1)活動なし

2)軽い有酸素運動

3)スポーツに関連した運動

4)接触プレーのない運動

5)接触ぷれーを含む訓練

6)競技復帰テェック

 

各段階を24時間ごとに進み、症状があれば進まないので、最短でも競技復帰には1週間程度が必要となる。

段階5の前にメディカルテェックを受けて、接触プレーを含む訓練を行い競技に復帰する。途中症状が出現すれば休養し最初の段階に戻る。

 

(Jpn J Neurosurg vol 23, No 12 2014.12 より)