院長ブログ

 ホーム  > 院長ブログ  >  生理周期と片頭痛

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

院長ブログ

生理周期と片頭痛

2014.12.04

片頭痛は男性よりも女性に多いと言われています。特に生理前や生理が終わってからの頭痛がひどいと訴えられる女性も多く受診されます。

片頭痛の発症起序にはいくつかの説があります。その中でセロトニンという神経伝達物質が関与していると言う説があります。

セロトニンには血管を収縮する作用があり、この作用により血管が拡張した時に周囲の神経を刺激したり痛みの物質をだして頭痛が起こると考えられています。

女性の排卵直後と生理前にはエストロゲンという女性ホルモンの分泌が下がります。このエストロゲン低下に連動してセロトニンの分泌も減少するため、血管が拡張してしまい片頭痛を引き起こしてしまうのです。

頭痛が起こった日と生理が始まった日、その他、試験などのイベントを記録する頭痛ダイアリーをつけることで、その頭痛の原因の手掛かりとなります。

しかし、頭痛の原因が頭の中の出血や腫瘍などの病気によるものでない事を調べる事がもっとも重要です。

 

頭痛でお悩みの方は専門医療機関をまず受診される、正確な診断と適切な治療を受けられる事が大切です。