院長ブログ

 ホーム  > 院長ブログ  >  グレリン

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

院長ブログ

グレリン

2016.03.21

 

 

現在、認知症の症状の悪化を遅らせる作用のある薬には以前もお話したように4種類の薬剤があります。

 

お薬の作用の為、吐き気やめまいを起こす事がありますが、貼付剤であるリバスチグミンにはグレリンという摂食亢進作用をもつホルモンを増加させる作用があります。

グレリンには他にもエネルギー消費の低下、神経保護作用、骨格筋萎縮の予防や心不全に対する作用、骨量増加作用など、高齢者にとってかなり有益となる作用があるそうです。

 

もの忘れを主訴に来院される方の中には意欲低下から食事量が減っている方も大勢認められますが、実は食欲が低下していることで食事量が減っている例もかなりありそうです。

 

経過中に食欲が低下した時などにもそれぞれの薬剤の特徴を最大限に生かした投薬が重要ですね