院長ブログ

 ホーム  > 本日のアロマ  >  2015年1月1日、今年初めてのアロマ

診療時間

診療時間院内写真

診療時間

  • 平日/9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
  • 土曜/9:00~16:00(昼休み13:00~14:00)
  • 木曜/9:00~13:00
  • 休診日/日曜、祝日、年末年始休
  • ※初診の方、MRI検査をご希望の方は終業の1時間前までにお越しください。

アクセス

アクセスマップ

Googpe mapを見る

住所

  • 〒811-0120
  • 福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-1-18
    (新宮中央駅より徒歩1分)

お問い合わせ

電話番号

メールでのお問い合わせ

  • 各種検査について
  • 気になる症状
  • ちょっと質問
  • 料金表
  • 点滴療法
  • 訪問看護
  • 住宅型有料老人ホーム なかよし
  • 動画配信なかよしチャンネル
  • なかよしギャラリー
  • 院長ブログ
  • 本日のアロマ
  • スタッフブログ

本日のアロマ

2015年1月1日、今年初めてのアロマ

2015.01.01

 

新年、あけましておめでとうございます

 

今年も、みなささまがリラックス出来る環境で診察を受けていただけるよう、いろいろな香りでお迎えしたいと思います。

新年、クリニックに診療は1月5日からなので、今日はアロマセラピーについて書いてみます。

 

アロマセラピーとは精油(エッセンシャルオイル)や植物由来の香りを用いて、心身の健康やリラクゼション、ストレスの解消などを目的としておこなわれる療法の事です。

 

最近はこれを一歩すすめて、患者さんの病気の治療や予防にも積極的に用いていこうという、メディカルアロマセラピーという分野も徐々に発展してきています。いろいろは治療の補完または代替医療として積極的にアロマを治療に用いる事もあります。

 

精油の利用方法としては、精油を使った芳香浴、吸入、全身浴、部分浴、精油の塗布、精油を植物油で希釈して行うオイル・マッサージ、精油の内服などもあります。

 

現在、クリニックで用いているアロマはこの芳香浴にあたります。

 

医療で用いられるアロマセラピーの例をあげてみますと、

 

1)産科において、妊娠線予防オイルの使用、陣痛緩和ケア、陣痛増強作用を用いた治療、分娩後のリラックス、リフレッシュ、  赤ちゃんのベビーマッサージにも用いられているようです。

 

2)婦人科領域では、更年期障害の時のホットフラッシュや足の疲れ、浮腫、不眠やイライラなどにも利用されています。

 

3)内科では血糖コントロールが上手くいかない患者さんへアカマツやホホバオイルを用いたマッサージやラベンダーの鎮静作用  を用いる事で効果を出しているようです。                                       他にも、高血圧の方に当院でも使用しているゼラニウムに含まれるモノテルペンアルコールのシトロネロールヤゲラニオール  の降圧作用を利用する療法も行われています。

 

4)皮膚科領域では、アトピー性皮膚炎や、一般的には水虫と言われている白癬にも用いられているようです。

 

今年も、いろいろな新しい香りでみなさまに心地よい時間を過ごしていただけるようスタッフ一同がんばりますので、よろしくお願いいたします。